JCMA中国
一般社団法人 日本建設機械施工協会 中国支部

session

令和3年度 建設技術講習会 開催のご案内

「令和3年度建設技術講習会(WEB講習会)」は終了しました。

新技術の導入・ICTの活用・働き方改革など最新の技術動向について

拝啓 春暖の候 会員の皆様には、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

また、日頃より当支部の事業推進について、格別のご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、(一社)日本建設機械施工協会中国支部では、主催事業として支部会員各社の開発による「新技術・新工法」について、広く関係各位の方々に発表、周知を行うものとして、毎年4月期と10月期の2回「新技術・新工法発表会」を開催しておりましたが、昨年度は残念ながら新型コロナ感染症対策を踏まえやむなく中止としております。同じく、関係の皆様が直面する課題やこれからの事業活動に重要な最新の技術情報及び動向を提供する「建設技術講習会」につきましても開催を取りやめております。この新型コロナ感染症対策に関しましては、今後も予断を許さない状況が続いております。

このような状況を受け、今年度におきましてはビデオによる「建設技術講習会」として当支部Hp上においてWeb開催として以下の通り実施することといたしました。

ご多忙中とは存じますが、皆様多数ご参加いただきますようご案内申し上げます。

なお、本講習会は全国土木施工管理技士会の継続学習制度(CPDS)の学習プログラム(インターネット学習)として登録(6ユニット)されております。

1.主催
(一社)日本建設機械施工協会中国支部
2.掲載期間
令和3年5月17日(月)~令和3年5月28日(金)まで
3.ビデオ掲載場所
(一社)日本建設機械施工協会中国支部Hp上
4.受講申込
下記メールアドレスによる申し込み
E-mail : jcma-chugoku@mx41.tiki.ne.jp
5.受講申込締切
令和3年5月10日(月)まで
6.受講者要件
会員 および 一般
7.受講料
会員: 1,000円/人 一般: 2,000円/人
8.問い合わせ
(一社)日本建設機械施工協会中国支部
広島市中区八丁堀12-22
TEL 082-221-6841   FAX 082-221-6831
  • 詳細は別紙開催要領参照
  • ※継続学習制度(CPDS等)の学習ユニットを希望される方は、レポートの提出が必要となります。
  • 学習ユニットを希望されレポートを提出された方には、当支部より後日受講証明書を発行いたします。その受講証明書により申請が可能です。
  • 建設コンサルタンツ協会へ申請される方も、技士会の受講証明書にて申請してください。
  • 技術士会の方もこのレポートを提出していただければ、別途発行いたします。

令和3年度 建設技術講習会 聴講申込表ダウンロード

令和3年度 建設技術講習会 開催要領

1.建設技術講習会プログラム

サムネイル

画像クリックで拡大

2.受講申込方法

(一社)日本建設機械施工協会 中国支部 宛て

E-mail : jcma-chugoku@mx41.tiki.ne.jp

表題を「令和3年度建設技術講習会受講希望」として、聴講申込表に必要事項を記入の上メールに添付して申し込んでください。

ホームページからもダウンロードできます。

※申し込みは「PDF」でなく「Excel」シートに書き込んだものをメールに添付して送信してください。

サムネイル

画像クリックで拡大

3.申込締切:令和3年5月10日(月)

4.受講料

受講料は、会員 一人1,000円(税込)、一般 一人2,000円(税込)とし、上記申込締切日までに以下の口座にお振込みください。(振込料金は別途ご負担ください。)

会社等毎に取りまとめて申し込まれた方は、取りまとめてお振込みください。

個別に申し込まれた方で会社等から振り込まれる場合は、受講者の氏名が分かるようにしてください。

銀行振込 広島銀行県庁支店 普通預金 No.0620653
口座名義:一般社団法人 日本建設機械施工協会 中国支部
郵便振替 01380-6-2146
口座名義:一般社団法人 日本建設機械施工協会 中国支部

5.受講方法

  • 1)受講料の振込を確認後、「令和3年度 建設技術講習会」のURLを送信します。
    視聴方法、受講内容および学習ユニット用レポートに関する説明がありますので、ご確認うえプログラムの順に受講してください。
  • 2)プログラム1から順に、各プログラムを開いて、受講してください。
    ビデオの掲載期間、令和3年5月17日(月)~令和3年5月28日(金)までの間に受講してください。
  • 3)すべてのプログラム受講後、継続学習制度(CPDS等)の学習ユニット証明書を発行するための理解度確認レポート書式(Excel)をダウンロードして「1.今回の技術講習会を通して、以下の質問にご回答ください。」の1)、2)(必須回答)及び3)にご回答の上、6月11日(金)までに(一社)日本建設機械施工協会中国支部 E-mail : jcma-chugoku@mx41.tiki.ne.jpに提出してください。
  • 4)提出して頂いた理解度確認レポートにつきましては、事務局にて確認審査後一定程度以上の理解度が認められると判断した方に、継続学習プログラムの受講証明書をPDFで発行いたしますので、各自で制度(CPDS等)の申請を行ってください。

サムネイル

画像クリックで拡大